カテゴリー別アーカイブ: 未分類

6月定例会の開催

本日6月の定例会を開催いたしました。6月は、
・思いやりコンテストの公募
・AKB&ASJの公募
・6月25日には2回目の街のコンシェルジュがあります。
詳細は追ってご連絡いたします。

秋田市エイジフレンドリーシティカレッジ 第1回リレーセミナー開催

秋田市エイジフレンドリーシティカレッジ 第1回リレーセミナーが開催されます。

開催日時:平成27年5月24日(日)13:30〜16:00(開場は13:00〜)

開催開場:秋田拠点センターアルヴェ 2F 多目的ホール

開催内容:13:35〜13:50 エイジフレンドリーパートナーの紹介
14:00〜15:30 袖井 孝子氏による講演
「自立し共生する安心の老後〜超高齢社会におけるシニアの可能性〜」
講師 袖井 孝子氏 お茶の水女子大学名誉教授、一般社団法人シニア社会学会 会長
15:30〜16:00 質疑応答
※会場内には、エイジフレンドリーあきた市民の会の「おせっかいカフェ」もあります

参加条件:入場無料、定員150名

主  催:秋田市福祉保健部長寿福祉課

申込方法:①電話 018−866−2095
②ファックス 018−866−8962
③メール ro-wfg@city.akita.akita.jp
④お申込時の記載内容
・代表者氏名
・電話番号
・参加人数
・手話通訳希望の有無

街のコンシェルジュ〜「街歩きとおせっかいカフェ」 つつじカフェ参加者募集

街のコンシェルジュ〜「街歩きとおせっかいカフェ」 つつじカフェの参加者を募集いたします。

開催日時:平成27年5月15日(金)10:00~14:00
会場・集合場所:民俗芸能伝承館「ねぶり流し館」
参加費: 無料(昼食実費300円程度で軽食準備致します)
開催内容:午前の部 10:00~12:00 ミニ講座 千秋公園散策
     午後の部: 12:00~14:00 昼食&おせっかいカフェ(情報交換&交流会)
     ※午前の部のみ、午後の部のみ参加も可能です。
     ※昼食ご希望の方は、当日受付へお申し出ください。
案内人(講師):くぼた歴女の会 成田 松子氏
お問い合わせ先:主催 エイジフレンドリーあきた市民の会
       (電話 018ー862ー5969 小西)
なお、メールでのお申込みについては、当会ホームページお問合せもしくは
ファックス(018ー862ー5969)にて
①お名前 ②ご住所 ③電話番号 ④ご希望参加区分(午前・午後・終日)
をご記載の上、ご連絡ください。
※ご連絡いただきました個人情報に関しましては、街のコンシェルジュ事業に
関するご連絡のみに利用させていただきます。

平成27年度 通常総会開催

・日 時  平成27年4月16日(木)午前10時~
・場 所  秋田拠点センターアルヴェ3階 市民交流センター
・議 題  1)第1号議案  平成26年度事業報告
2)第2号議案  平成26年度収支決算報告
3)監査報告
4)第3号議案  平成27年度事業計画(案)
5)第4号議案  平成27年度収支予算(案)
6)第5号議案  役員改選について

本日上記上程されました全ての議案に関して承認をいただきました。
本年度も、
1)エイジフレンドリー普及啓発事業
①まちのコンシェルジュ(6回を予定)
②思いやりコンテスト(10月上旬開催予定)
③AKB・ASJの募集・紹介(5月〜募集予定)
2)定例会
の開催(毎月第3水曜日午後を計画)
など、盛り沢山で活動いたします。

活動に興味のあるかた、ご一緒に活動できる方は、気軽にお声がけください。

 

思いやりコンテスト 発表会・表彰式 開催される

平成26年度 「秋田市エイジフレンドリー 思いやりコンテスト」 発表会・表彰式が

9月20日(土)、秋田拠点センターアルヴェ1階 きらめき広場で開催されました。

  夢のある高齢社会を考えるきっかけづくりや高齢者に対する思いやりの心の醸成を

図ることを目的に、市民を対象にエイジフレンドリーに関する作品を募集しました。

     CIMG0291入賞者の表彰

CIMG0297  会場風景

ブースの様子です

CIMG0270CIMG0308

CIMG0235CIMG0322

 

CIMG0314

家族で作品を確認しました

CIMG0340CIMG0309

CIMG0221    

 

街のコンシェルジュ  ”雄和まち歩き”  を楽しみました

 去る8月27日(水)、雄和女米木地区において「街のコンシェルジュ」が開催されました。 

 今回は、秋田市教育委員会と共催し、教育委員会より大型バスを手配していただきました。秋田駅東口から雄和市民サービスセンターまでバスを運行することで、移動手段のない方に喜ばれました。

 雄和市民サービスセンター集合後、バスと徒歩で 「石巻の清水」 ~ 「石井露月生家」 ~ 「米女鬼文庫」 ~ 「高尾山神社」 を巡りました。

 ちょっとした小路に「あきたの魅力・財産」が沢山あることを再確認できた街あるきでした。

 午後からは、恒例の「おせっかいカフェ」が行われ、参加しての感想や地域の話題などがなごやかな雰囲気の中で交歓されました。

IMGP2183IMGP2193

IMGP2197IMGP2201

土崎港まち散歩 多くの方の参加を得て実施される

  6月18日(水)、今年2回目の「街のコンシェルジュ」が土崎で開催されました。

  晴天に恵まれたこともあり、これまでにない参加者(40人)がありました。

  はじめに、土崎神明社宮司、伊藤茂樹さんより「土崎神明社祭と曳山行事」のテーマで、ご講演をいただきました。

  「土崎神明社の祭は、曳山や囃子が中心と思われていますが、これらは神明社の神事儀礼にともなって行われる神賑行事です。つまり、神明社があって神賑行事が成立します。」と、土崎神明社と曳山祭の正しい関係を示され、映像をスクリーンに映されながら分かりやすく、またユーモアを交えながらの講演は参加者に大変好評でした。

  講演の後は、秋田セリオン展望ガイドを務められている吹谷希久雄さんを案内人として、土崎の街歩きを楽しみました。

  神明社 ~ 土崎街区公園 ~ 西船寺(多田等観生誕地、東海林太郎墓所) ~ 金乃比羅神社 ~ 實城院(石造宮殿) ~ 土崎図書館(種蒔く人・祈念碑)をおよそ1時間をかけて歩きました。好天に恵まれ、楽しい街歩きとなりました。参加者からは、土崎の歴史・文化の奥深さを感じることができた。いずれ、また、土崎で街歩きをやって欲しい、という声がありました。

IMGP1989

    講演される土崎神明社宮司  伊藤茂樹さん    

IMGP1992                      講演に耳を傾ける参加者の皆さん

 

思いやりコンテスト、作品募集中!

img204

  高齢化社会はさまざまな問題を生むといわれております。それゆえ世代を越えた相互の理解と協力が大切になってきます。「エイジフレンドリーあきた市民の会」では、昨年度に引き続き、幼児から大人までを対象に、夢のある社会を考えるきっかけや、高齢者に対する思いやりの心の醸成などを目的に『思いやりコンテスト』を開催することとしました。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

1 幼・保育園児の部:お絵描き    2 小学生の部:標語    3 中学生の部:標語・作文 ・・・ 1~3につきましては、それぞれの園、学校に実施要項、募集要項を送付済みです。

4 高校生~大人の部:標語・写真  ・・・ 実施概要は下記の通りです。     

【募集期間】 平成26年6月1日(日) ~ 平成26年7月31日(木)

【募集要項】 秋田市内の高等学校には送付済みです。大人用は、アルヴェ、アトリオン、にぎわい交流館あう、市立図書館明徳館、赤れんが郷土館、秋田市役所、県立図書館、県生涯学習センター、各市民サービスセンター、中央・東部・南部公民館などにあります。

【作品発表】 平成26年9月20日(土)秋田拠点センターアルヴェ1階 きらめき広場で開催します「平成26年度秋田市エイジフレンドリー思いやりコンテスト発表会」で紹介、表彰いたします。

【問い合せ】 エイジフレンドリーあきた市民の会事務局 電話 862-5969(小西) 

img205img206

 

街のコンシェルジュ 土崎港まちさんぽ  ~曳山カフェ~

平成26年度 第2回 街のコンシェルジュ を開催します。

日   時  平成26年6月18日(水) 午前10時 ~

場   所  土崎神明社 (秋田市土崎港中央3丁目9の37)

午前の部   国重要無形民族文化財 「土崎神明社の曳山行事」

         講師:土崎神明社 宮司 伊 藤 茂 樹 氏

         町歩き: 土崎街区公園 ~ 西船寺 ~ 金乃比羅神社 ~ 實城院 ~ 土崎図書館

午後の部   昼食 & おせっかいカフェ

※どなたでも参加できます。  申込先  電話 018-862-5969(小西)

コンシェルジュ2表rev1

平成26年度 第1回街のコンシェルジュ、開催される

  4月30日(水)、今年度最初の「街のコンシェルジュ」を、『 新屋歴史散歩  ~桜並木カフェ~ 』のテーマのもとに開催しました。心配された雨もなく、桜の季節に相応しい爽やかな天候のもとで実施することが出来ました。

  応募された市民30名、ボランティア3名、主催者7名の40名で新屋の文化財、商店街、桜の公園などを散策しました。「秋田市ふるさと案内人」の池田さんと大門さんに丁寧な説明を受けながら、随所に故郷の素晴らしさを再発見することが出来ました。

  西部市民サービスセンターに戻って昼食を取りながら、石川理紀之助、齋藤宇一郎とともに秋田県の「農業三大人」と称された森川源三郎の実直で利他的な生涯を「紙芝居」で学びました。 

  午後からは、当会恒例の「おせっかいカフェ」を開催。お茶とお菓子をつまみながら、参加者によるフリートーキングを行いました。「新屋に住んでいるが、初めて知ったことが多かった」、「若い頃、新屋に下宿していました。その頃、良くおばさんが森川源三郎の話をしていました」、「次回は土崎のようですが、待っています」、「今度、ゆっくり新屋の街を歩いてみたいと思いました」など、参加者のいろんな思いを語り合いました。

  「次の機会にまた、お会いしましょう!」とそれぞれ家路に就かれました。

IMGP1866 IMGP1869

IMGP1876IMGP1879

IMGP1883IMGP1886